5時からクイズ王とらちゃんのスペクタクル研究所

洋楽ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.魔法の妖精ペルシャ
2.八千草薫
3.山本潤子
4.石原慎太郎
5.桜庭ななみ
6.ゼノギアス
7.魔法のiらんど
8.ブルーリボン賞
9.
10.マスク

アイドル動画ランク
日々コウジ中―高次脳機能障害の夫と暮らす日常コミック 義父に同じ障害が出てしまった為、購入しました。
これからリハビリが始まり、高次脳機能障害を受け入れていかなければならない私達家族へ心構えができ、大変勉強になりました。
本の中には、症状だけでなく、医療費の補助制度や、様々な手続き等についてもふれてくださっており、ついつい入院やリハビリの慌しさの中で忘れてしまいがちな事を改めて確認する事ができ、大変有難かったです。
何より、ご家族の手記という事で、同じ立場に置かれた家族への、思いやりを感じる一冊です。

アンドリューNDR114 [DVD] この作品は単なる「SFロボットもの」ではありません。

最近公開された「アイ、ロボット」のようなスリリングな展開はないが、人間に憧れ、人間を愛し続けた「機械(ロボット)」が少しでも人間に近づこうと限りなく努力するその姿に、必ずや胸打たれることでしょう。

また、「彼」の周りにあって「彼」を支え続ける優しき人間たちの存在も心温まるものがあります。

「彼」の特質を見抜き、「彼」を人間へと導いてくれた主人・リチャード。そして、彼を人間のように愛してくれたリトル・ミスことアマンダ。人間でない彼の、終生を賭けた事業に協力してくれるルパート。
そんな彼らに愛され、守られながら成長していく課程で、人を愛することを学んでいく彼。
そして彼は「愛する人」とともに「人間として生き抜く」ために最後の「戦い」にでます。

人間と機械(ロボット)との差とは何か。
この作品はそれを考えさせられる「ヒューマン・ドラマ」です。


グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) この作品はもちろん自他共に認めるフィツジェラルドの最高傑作なのですが、私にとって彼の最高傑作は「夜はやさし」であり「バビロン再訪」を頂点とする珠玉の短篇小説なのです。

それは何故か。ヒロインであり主人公のギャツビーが恋こがれるデイジーをまったく好きになれないからです。

とは言っても男のラブストーリーとして、この作品はいつまでも最高峰でありつづけるでしょう。それほど恋に生き恋に死んだギャツビーの高潔さは、彼が恋するという行為以外でどんなに裏の汚い面を持っていたとしても、やはりグレートなのだと思います。

また、この作品は文体として装飾の多い小説です。英語ではそれが宝石として光輝いていても、日本語に翻訳されてしまうとイミテーション(ただし高価な)とならざるを得ません。この作品を愛してやまない村上さんでも、多少のイミテーション化は避けられなかったと感じました。野崎孝さんの訳のほうが、作品に余計な感情がないぶん、選んだ日本語に美しさがあったように思われます。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆JPOPランキング◆

today:011 yesterday:016
TOTAL:8761
Ads by Sitemix