カリブのプリティもんくんのくりくりムービーリスト

洋楽ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.サンライズ
2.魔法にかけられて
3.柴田淳
4.ミドリ
5.椿鬼奴
6.エキサイト着メロ
7.大日本人
8.ウエザーニュース
9.みなみけ
10.ななみちゃん

アイドル動画ランク
GANTZ - ガンツ - リアルフィギュア 全2種セット 値段の割になかなかの出来です。特に岸本の顔はよくできています。GANTZ好きなら買いでしょう!!
人間失格 最近にはない
唄です
感動しました。
確実に売れ筋ではないですが・・・真面目な唄は必要です
これからもいい唄お願いします。

モンゴメリー・クリフト―エリザベス・テーラーの人生を狂わせた男 挽歌への旅路 著者の略歴を見ると1937年生まれ、法政大学中退後、新聞編集の仕事をし、1965年「食料新聞社」入社、1998年井上企画設立とある。いわゆる、業界の人ではない。
著者が「あとがき」で自ら言っているように「本書はモンティの伝記でもなく、評伝でも無論ない。言ってみればぼくのファンレターである。」との事である。
読み進んで行くうちに、確かにモンティのファンなら誰でも知っているような記述の多いことに気がつく。巻末に沢山の引用文献が挙げられているが、本書はそれらの文献からの引用、孫引きなどが多く、著者が足で調べた第一次資料がない。その限りでは熱烈なモンティファンが多くの文献を読み漁ってまとめたものに過ぎない。
私にとって目新しいことは、モンティがホモ、いや男女とも愛する両刀遣いだったというくだりである。これは私のモンティに対する思いを少なからず傷つけた。
モンティが隠遁生活を送っていたことはしっていたが、「陽のあたる場所」や「此処より永遠に」で馬鹿売れしたあと、「シェーン」や「サンセット大通り」「エデンの東」などの大役を蹴って、芝居に専念したというのも初耳である。アラン・ラッドのシェーンもひょっとしたらモンティがやっていたのかも知れない。
エリザベス・テーラーは「陽のあたる場所」でモンティと共演した後、人格的に破滅を辿るモンティを陰に陽に支え続けたが実らず、モンティは45歳と言う若さで突然死を遂げてしまったそうだ。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アイドル画像ランク

today:013 yesterday:017
TOTAL:7929
Ads by Sitemix