北北西の遊撃手えいくんのむっちり動画一覧

ゲーム動画ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.フレッシュプリキュア
2.レミオロメン
3.H&M
4.加藤明日美
5.バナナ
6.あまい囁き
7.
8.ジャガー
9.恋におちたシェイクスピア
10.水嶋ヒロ

ギャルランキング
キャプテン翼3 いくつかレビューでてるので、そんな細かく書きませんが
しいて言えば・・・

試合は・・・めっちゃ熱いw
ストーリーは・・・先に進めば進むほど
          早く先を見たい!と思わせてくれるw
システムは・・・う〜ん。。。
         相変わらずセンターサークルから必殺シュートがゴールインw
         オフサイドなしw
         負けてもレベル上がって再戦できるので、そこまで緊張感なしw
         無理に勝っても次はレベル差により、高確率で負けるw

ただ、一番言いたいのは・・・・

全日本使用時のサウンドが激アツですwwwww
特にアジア予選はアツすぎwwww
主要国(西ドイツブラジルアルゼンチン)のサウンドもイイですw
サウンドがアツイので、自然と試合も熱く感じますw
キャプ翼シリーズ中、一番のアツさだと思いますw

個人的には、1-1や2-2の引き分け時に
後半ロスタイムで、ロングレンジからDF松山くんのイーグルショットが
決まると、ガッツポーズしちゃいますw

まぁ、キャプ翼ファンじゃなくても安いしイイと思いますw

The Halloween Tree  ハロウィーンの夜、少年たちが迷い込んだ暗闇のお祭りの世界。たくさんの素敵なSFを書いた作家ブラッドベリが手がけた児童向けの長編です。ジョージ・ムニャイニの白黒線描の挿絵も、お話の一寸怖そうでどきどきさせる雰囲気を良く伝えてくれています。

 10月も終わりになると南瓜の顔が並ぶのが、いつの間にか日本でもクリスマスと同じに年中行事の一つになってしまいました。このお話の始まるアメリカの町でも、子供たちは骸骨や魔女の衣装をつけ、走り回ります。でも、ハロウィーンってなに?

 このお話の中、お祭りの衣装をつけたまま、子供たちはハロウィーンの生まれた背景となるような昔の世界に旅をし、それを知ることになるのです。世界中のどこでも、人は死を考え、恐怖、悲しみを知るようになると、それを乗り越えるために更にいろいろなことを考えたのでしょう。生きるための工夫の一つが、形を変えてハロウィーンのようなお祭りになっていく。そんな風にこのお話は、暗闇の怖さ、死への恐れ、宗教の始まり、を自然に考えさせてくれます。
 怖いような題材ですが、死ぬことをきちんと考えることでもっと楽しく生きられるというメッセージと、なにより少年たちのピチピチした行動が楽しいお話にしてくれています。

 「昼と夜。夏と冬だ、諸君。種まき時と刈り入れ時。生と死。それらが全部ひとつになったのが、ハロウィーンだ。」「人々も長生きするようになり、時間の余裕もでき、死は遠のき、恐怖は斥けられ、ついには一年のうちのとくべつの何日かだけ、夜と夜明け、春と秋、生まれることと死ぬことを考えるようになる。」
 教会の屋根にいるガーゴイルが、「古い神々、古い夢、古い悪夢、古い考え、用のなくなった、仕事にあぶれたそういう古いものみんなを呼び集めて仕事を与えた」というのは本当かどうかわかりませんが、お寺の四天王の足元の天邪鬼もそうなのでしょうか。そして、 日本のお祭りはハロウィーンと比べてどうなのでしょう。似たようなところがあるでしょうね。そういうこともつい、考えてしまうお話です。


もののけ姫 [DVD] サンは言う。
「よみがえっても ここはもうシシ神の森じゃない シシ神さまは死んでしまった」
アシタカは言う。
「シシ神は死にはしないよ いのちそのものだから 生と死と二つとも持っているもの」
「わたしに生きろ といってくれた」
Dパート、1657〜1660カットのシーンである。

宮崎駿が1669カット積み重ねて辿り着いたシーンである。

私はこのシーンの意味について、公開して11年経った今でも想いを巡らせる。
未だに「こういう意味です」と胸を張って解説する自信はない。

が、しかし最近になって少し「こういう意味なのかな?」という、出来事があった。
そのヒントは奇しくも「崖の上のポニョ」にあった。

「崖の上のポニョ」の「海」に対する宮崎氏の考えに、こんな文章がある。

「誰もが意識下深くに持つ内なる海と、波立つ外なる海洋が通じあう」

この文章を読んでまず直感した。
「これは人間の中に海がある」ということじゃないか?と。
人間は人間。海は海。ではなく、人間は海であり、海は人間である。と。

それは言葉の上では分断されているが、本当は分断できるものではない。と。
お互いが、お互いに影響を与え合う、「1つのモノ」ではないか。と。

話を「もののけ姫」に戻す。
最後のシーンに「この観念」を持ち込むと、なにか少し理解できる。
「シシ神」を「海」。「アシタカ」が「人間」。とする。
シシ神はアシタカであり。アシタカはシシ神である。となる。
なぜならシシ神は「アシタカの内にもある いのちそのもの」なのだから。
したがって、アシタカはシシ神の一部であり、シシ神はアシタカの一部でもある。

個は全であり、全は個である。
それを分断できるモノではない。と。

宮崎駿はその観念に行き着いたのではないだろうか。


話は飛ぶが「環境破壊」という言葉が私は嫌いである。
なぜならこの言葉は「人間が環境を壊している」という、思想だからだ。
この「環境」の中に「人間が含まれていない」という気がしてならない。

なぜ「環境破壊は人間破壊」と言わないのか?
人間と自然環境は繋がっているにもかかわらず、分断されている気がしてならない。

仮にも自然環境が消失して人間が消失しないのなら、まだ解る。
しかし明らかに自然環境が消失すれば人間も消失するのである。

それはなぜか。

「個は全であり」「全は個である」から。

その「当たり前」で「最も大事な観念」をこの作品は内包している。



☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
洋楽ランキング

today:015 yesterday:007
TOTAL:7000
Ads by Sitemix